アイテム紹介 キャンプアイテム

【ソロキャン】実際に使っている焚火台・ライト【初心者向け・お手頃】

 

みなさんこんにちは、きりしまるです。

今回は、前回に引き続き実際に使ってるキャンプ道具の紹介です。
高価なキャンプ道具は使ってないので、初心者でも手の出しやすい金額のものが多いです。

コンロ、焚火台、火を扱う際に使う道具、ライトなどを紹介していきます!
(金額は記事編集時)

 

 組み立て式焚火台 バーベキューコンロ 2,199円

折り畳むことでA4サイズになる。
掃除もしやすく、手入れも簡単。
700グラムと軽量で持ち運びにも便利。

Amazon 商品ページ

きりしまる
ピ○グリルのパチモン中華焚火台。本物は398gだかこっちは700g。3000円だせば650g程の重さの焚火台もある。本物は公式サイトで12800円(セール?)で売ってる。できる限りお金をかけたくない方はこちらがおすすめ。使用感はまったく問題ない。

 

 ヨーラー(ユーラー) コンパクト折り畳みコンロ 1,674円

YOLERのコンパクト焚火台。
折り畳んで収納するとB6サイズになる。
風防として使用することも可能。

Amazon 商品ページ

きりしまる
笑's コンパクト焚き火グリルB-6君のパクリ?商品。本家は5390円。キャプテンスタッグや他の中華ブランドもほぼ同じ形で出してる。(正確にはB6君に似たやつをキャプテンスタッグが作って、それをパクって作られたのがコレだったような???間違ってたらすみません。)キャプテンスタッグは2760円。一番手の出しやすい価格なのがヨーラーといった感じ。コンパクトなソロキャンならこれで十分。ちなみに3サイズ展開で大きいのはA4サイズまである(2686円)

 

 イワタニ ジュニアコンパクトバーナー 4,290円 429円分ポイント

ベストセラーアイテム。
カセットガスとこれがあればどこでも火を使うことができる。
折り畳んでコンパクトになる。

Amazon 商品ページ

きりしまる
日本一周の際に購入した。朝イチ、コーヒーを飲むのに手軽に火を使うことができる。2年半ほど使っているが今のところ壊れる気配はない。家でも使っており、とても気にっている。

 

 ウィンドスクリーン 風除板 643円

火を扱うときのウィンドスクリーン

Amazon 商品ページ

きりしまる
固形燃料やイワタニジュニアコンパクトバーナーを扱うときにこれを使い風除けにする。風のあるときは、これがあるのとないのとでは火力が全然違う。お湯が沸くのが早い。固形燃料とメスティンでお米を炊くときは、これがないと失敗することがある。

 

 FUTURE FOX イワタニジュニアコンパクトバーナー専用 遮熱版テーブル 4,980円

イワタニコンバクトジュニアバーナー専用の遮熱版テーブル。
輻射熱でボンベが熱くなるのを対策できるアイテム。

Amazon 商品ページ

きりしまる
イワタニジュニアコンパクトバーナーにテーブルを装備することができる。そのままローテーブルとしても使用可能。安っぽくない質感。イワタニは遮熱版を利用した使用方法は、推奨してないので、自己責任でお願いします。きつねのマークがかわいいです。

 

 バーナーパッド 699円

イワタニジュニアコンパクトバーナーにぴったりのバーナーバッド。
上にクッカーを乗せたときに火が均等に行き渡る。

Amazon 商品ページ

きりしまる
クッカー使うときに安定感が増すのでたまに使ってる。火が均等に行き渡るので調理しやすいが、熱が分散されてしまうので火力は落ちる。100均一にも固形燃料用のミニBBQ網があるので、安定感だけを求めるならそっちでいいかも。

 

 SOTO スライドガストーチ 2,310円

強力耐風バーナー。
火口が最大7.5cm伸びる。

Amazon 商品ページ

きりしまる
チャッカマンより火力があり、火口も収納可能なのでコンパクトに収まる。手の近くに火口がないため初心者でも火を付けやすい。

 

 スパッタシート 難燃シート 1,680円

焚き火台やコンロの下に引くシート
難燃性の生地でできており、地面へのダメージを減らしてくれる。

Amazon 商品ページ

きりしまる
直火禁止のキャンプ場では必須のアイテム。落ちる火の粉から地面を守ってくれる。これがあることで余計な心配をせずに、焚き火を楽しむことができる。洗濯機で洗えるのもポイント。

 

 耐熱 本牛皮 手袋 849円

 

耐熱性。
耐久性。
耐摩耗性。

Amazon 商品ページ

きりしまる
キャンプの作業にあると便利な手袋。単純作業するだけなら、軍手でもいいがキャンプでは火も扱うため、耐熱性のある手袋がおすすめ。キャンプ慣れしている人の動画を見てると手袋してない人がいるが、慣れない内は手袋した方がいいと思う。怪我してしまうと楽しさ半減してしまう。

 

 LEDランタン 10000mAhモバイルバッテリー 2,788円(1,000円割引クーポン使用)

3段階調光可能なライト。
10000mAhモバイルバッテリー。

Amazon 商品ページ

きりしまる
日本一周の際に購入した。なんやかんや2年半くらい使ってる。調光も3種類あり、明るすぎず暗すぎずって感じで使い勝手がいい。家でも使うことがあり、なんだかんだ気に入ってる。

 

 ヘッドライド PETZL 350ルーメン 5,145円

350ルーメンのヘッドライト。
ペツルタクティカ。
光量3段階調整。
単4電池3本使用。

Amazon 商品ページ

きりしまる
自衛隊の時から使ってるやつ。(同じものが無かったため、今買うならコレかなってやつにしてあります。)中華製のスペックゴリ押しヘッドライトに比べると光量は落ちるが、350ルーメンでも個人的には十分だと思う。むしろこのくらいがキャンプの雰囲気を壊しすぎなくていいのではないかと。軽くて使い勝手がいいのも気に入ってる。

 

以上、11点焚火台やライト関連をまとめてみました。
イワタニジュニアコンパクトバーナー関連のアイテムが少し多かった気もしますが、参考になったら嬉しいです。

 

 

【ソロキャン】実際に使っているテント・寝具・防寒対策【初心者向け・お手頃】

続きを見る

【ソロキャン】実際に使っているクッカー・テーブル・ナイフ【初心者向け・お手頃】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kirishimaru

宮崎県宮崎市出身。高校卒業後9年間東京に。銀座でアパレル店員→自衛官→バイク[VANVAN200]で日本一周→ニート兼ホームレス→農家バイトしながら月10万円で生活中。地元宮崎に帰省して1年。宮崎県との9年間の溝を一気に埋めるべく日々を過ごしています。ポケモンが好きです。セレビィ推し。

-アイテム紹介, キャンプアイテム

© 2021 宮崎キャンプ場まとめ