日南市 県南

大島アドベンチャーキャビン 日南市

 

宮崎県日南市にある大島アドベンチャーキャビンについての記事です

船で島に渡りキャビン・コテージでキャンプすることができます

 

基本情報

リンク

観光にちなんの旅

https://www.kankou-nichinan.jp/tourisms/389/

 

電話番号

大島アドベンチャーキャビン

0987-64-0002

(栄松ビーチと同じ電話番号です)

営業期間・利用料金

営業期間

通年営業

定休日:火曜日

 

利用料金

施設名 単位 料金
コテージ 1棟1泊 10,470円
キャビン 1人1泊 1,040円

キャビン(主に団体用 1棟)

①洋室12人収容 ②洋室12人収容 ③和室14人収容

合計38名宿泊可能

ホール等を利用すればもっと大人数にも対応できると思います

 

コテージ(2階建 全2棟)

6名用のコテージ

 

利用する1週間前までに予約が必要
2ヶ月先まで予約可能

アクセス

〒889-3204 宮崎県日南市南郷町中村 乙7619-1

 

キャンプ場の紹介

キャンプ上までの道のり

キャンプ場へ行くには旅客船「あけぼの3」に乗って大島に行かなければいけません

船乗り場は国道220号沿いの「目井津港」の隣にあります

車もここに駐車して乗船します

料金(片道)

片道 大人 400円
子供(12歳未満) 200円
団体15名以上 2割引

手荷物(片道)
10kg以下 100円
10kgを超え30kg以下 200円

行きの船で往復分の料金を払います
釣り(荷物が多い)で島に行くと往復料金で1000円払います
リュック1つで観光に行った時は往復800円でした

キャンプも同様に荷物が多いと往復1000円になると思います

時刻表

便名 目井津港(発) 竹之尻港(発) 小浜港(発) 目井津港(着)
第1便 07:30 07:43 07:50 08:00
第2便 10:00 10:13 10:20 10:30
第3便 14:30 14:43 14:50 15:00
第4便 17:00 17:13 17:20 17:30

 

大島到着

写真は小浜港で撮影したものです

大島は船の乗降場が2箇所あります

竹之尻港と小浜港です

キャンプ場までの距離

竹之尻港 1.6km(25分)

小浜港  2.5km(35分)

下記MAP参照

小浜港からキャンプ場までの道には展示品があるのでそれを見ながら行くことができます

私は今回観光で大島に行ったのですが
竹之尻港で下船→灯台観光→キャンプ場見学→小浜港から乗船というルートで行きました

行きと帰りで乗降場を変えてもいいと思います

 

MAP

キャビン・コテージは船を降りたところから少し歩いたところにあります

キャンプ場までは坂道が少し大変ですが舗装されているので歩きやすいです

道に迷うこともありません

島内にアート作品の展示があります

 

キャンプ場

キャンプ場まで最後の坂です

キャンプ場到着

宿泊できる建物は3棟です
坂を登りきると3棟とも見ることができます

 

キャビン

外観

 

エントランス・自動販売機

館内(写真は1Fのみです)

BBQ棟

キャビンは廃校になった大島小学校を改装した建物です
そのため大人数に対応しており研修施設のような感じです

正直、小学校っぽさは全然ないです

調理器具も揃っており浴場、洗面所も一度に複数人使用できるようになっています

1Fの窓からBBQ広場にすぐにアクセスできるのもいいです

 

コテージ

外観

館内(写真は1Fのみ)

コテージ1棟に1台BBQテーブルがあります

コテージ内も綺麗にしてありました

出入り口の真上が大きい一枚のガラス窓になっていますがここがお風呂です

目の前に海が広がっているので眺めもいいと思います

キャビン同様に調理器具揃っています

電波も入ります

南郷町立大島小学校之跡

南郷大島ミュージアム

中央の広場に芸術作品を展示しています

キャンプ場から海を見ることもできます

 

鞍埼灯台

日本最古のコンクリート造り灯台です
灯台までの道のりは場所によって草が伸びっぱなしになっていたりと悪路があるので注意

ここからの眺めもとてもいいです

見逃してしまいましたがスフィンクスに見える岩があるそうです

 

ひみつきち

ひみつきちは小浜港からキャンプ場までの道に点在しています

 

絶景ポイント

黄色いのはたくさんのアヒル達です

自分も以前大島に来たときに書きましたがあまりの多さに自分の奴は見つけることができませんでした

 

日南海岸パノラマ広場

時間の関係上今回は行くことができませんでした

キャンプした際は行ってみてはいかがでしょうか

 

 

まとめ

日南市の大島にあるキャンプ場についてまとめてみました

キャンプ場には自動販売機しかなく飲水や食料は購入してから行きましょう

釣りのスポットとしても人気の場所ですので船が1回で乗り切れず2回目になってしまうこともあります

釣りをする人は釣り竿を持っていってもいいですね

かなりお手頃な金額で宿泊できるキャンプ場です

船で渡るのが大変ですがこれもいい体験になります

料金はキャビンが10470円

コテージが1人1040円

船が荷物ありで往復1000円ですのでコテージだと2040円で利用できます

キャビンは大人数で利用すればもっと安く抑えることができます

 

キャンプだけでなく釣りや観光などでも行ってみてはいかがでしょうか?

 

おしまい

 

 

大島の思い出

私がこのキャンプ場を利用したのは10年以上前でした

電車で南郷駅まで行き徒歩で目井津港に行きました
港の駅めいつで魚とイカを購入し船に乗りました

4月ごろに利用してコテージを借りたのですが、オフシーズンで利用客もいないとのことでたった4人でキャビンを使わせてもらいました
(ありがとうございます)

4人でご飯を炊き、イカと魚をノリで捌き焼いて食べて4人でお風呂に入りました

4人ではキャビンは広すぎて1Fの2部屋と2Fの1部屋しか使いませんでした笑

なんなら広すぎて少し怖かったです笑

とてもいい思い出です

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kirishimaru

宮崎県宮崎市出身。高校卒業後9年間東京に。銀座でアパレル店員→自衛官→バイク[VANVAN200]で日本一周→ニート兼ホームレス→農家バイトしながら月10万円で生活中。地元宮崎に帰省して1年。宮崎県との9年間の溝を一気に埋めるべく日々を過ごしています。ポケモンが好きです。セレビィ推し。

-日南市, 県南

© 2021 宮崎キャンプ場まとめ