県北 門川町

乙島 無人島サバイバルアイランドキャンプ場 門川町

 

宮崎県門川町にある乙島キャンプ場についての記事です

無人島になっており船でキャンプ場に行きます

キャンプ場開設は7/2〜8/25ですが持ち込みテントの場合のみこの期間以外も利用できます

基本情報

リンク

門川町観光協会 公式HP

https://kadogawa-ta.com/otojima/

 

電話番号

門川町観光協会

0982-57-4110

 

営業期間・利用料金

営業期間

2021年 夏季キャンプ期間

7月2日(金)〜8月25日(水)

8/26(木)はデイキャンプのみ可

予約期間

6月1日(火)〜8月20日(金)

夏季キャンプ期間以外の利用について

キャンプ道具を持参出来る方のみ可能です

有料のバンガローなどは使用できません

 

利用料金

宿泊

ウッドデッキ/テント用(14張) テント大人4人用 1泊1張 2200円
バンガロー(6棟) 大人4人用 1泊1棟 4400円
施設管理費 1人 200円

夏季キャンプ期間以外は施設管理費の200円のみかかります

夏期期間以外はキャンプ場に管理人がいないです
管理費は船の料金を支払うときに一緒に支払います

購入品・レンタル

タオルケット 1枚 500円
レジャーマット 1枚 300円
懐中電灯 1本 200円
バーベキュー台 1台 500円
3kg 500円
3kg 500円
ミネラルウォーター 2L 200円
蚊取り線香 5巻 500円
釣具(カサゴ用仕掛け・エサ) 1本 500円
食器セット 1セット 300円
調理器具セット 1セット 500円

食器セット(4人分)

お皿(大) プレート皿 スープ皿
コップ フォーク スプーン

調理器具セット

はんごう まな板 包丁 ボール ざる
しゃもじ やかん 玉じゃくし 鍋(大)

 

渡船

渡船はキャンプ場の予約とは別でお客様自身で予約します

往復料金

中学生以上 1500円
小学生以下 1000円

団体30名以上

大人 1000円
小人 800円

HPの情報をそのまま掲載しています
中学生以上・大人と書き方か変わっていますので団体で利用される方は利用する船に確認したほうが良さそうです

乗り場 船名 固定電話 携帯電話
門川港 知幸丸(トモユキマル) 0982-95-0770 090-3077-1670
庵川港(いおりがわ) 乙島丸(オトジママル) 0982-63-4567 090-8665-0073
功丸(イサオマル) 090-4990-6289
海浜公園西側 磯八丸(イソハチマル) 0982-63-3728 090-8765-5505

乗り場が3箇所・船が4種類あります

乙島行きの船は時間が決まっているわけではありません
乙島行き専用の船ではない(釣り客用)ので全ての船が船長と要相談です

船に乗っている時間は10分程です
場合によっては乙島の沖を遊覧してくることもあるみたいです(功丸)
基本的には船の空いている時間に合わせた方が予約はスムーズです

 

アクセス

〒889-0611 宮崎県東臼杵郡門川町門川尾末

 

キャンプ場の紹介

キャンプ上までの道のり

キャンプ場には船で行く必要があります

4種類の渡船の中から自分で予約したところに行きます

私は功丸さんで予約して乙島に行きました

料金は4箇所とも同じ往復1500円なので家から近いところを選ぶか自分の希望の時間で船を出してくれるかで選んでいただければと思います

功丸

車もここに駐車して乙島に行くことができます

 

MAP

 

キャンプ場到着

 

管理棟

 

キャンプ場

ウッドデッキ

全部で14箇所あります

キャンプ場開設期間外なのでテントは張っていませんでした

夏期期間外でしたがウッドデッキは利用していいとのことでした

 

コテージ

コテージは少し島を登ったとこにあります(2分程)

 

炊事棟

かまど

水道

テーブル

 

トイレ

海側のトイレ

コテージ近くのトイレ

 

シャワー

管理棟の横にシャワー室があります

 

休憩所

 

温泉

かどがわ温泉心の杜

http://www.town.kadogawa.lg.jp/industry/spa/page002838.html

乙島にはシャワーしかないですが船乗り場の近くに温泉があります

次の日、戻ってから温泉に入るのもいいと思います

 

釣り場

釣りもできます

キャンプの場合はソロでも乙島に渡ることができますが、釣りをする場合は2人以上出ないと行くことができません
(安全上のため)

 

 

まとめ

乙島のキャンプ場についてまとめました

夏期期間以外はコテージ・貸し出しテントは利用できません
持ち込みテントの場合のみ利用できます
草も生えっぱなしになっていました
夏期期間は整備されると思います

水道から水は出ますが飲むことはできませんので飲料水を持参する必要があります
食料も事前に購入して行きましょう

無人島ですので1度行くと簡単には帰ることができません
音を上げて船長さんに連絡して早めに迎えに来てもらう人もいるそうです

実際に利用してみてそこまで厳しい環境ではないと感じましたが
キャンプに慣れてない人間だけで利用するのは少し考えたほうがいいかもしれません

夏期期間以外は管理人がいません
何かあった時にすぐに帰れないと言うのは心理的にきついかもしれません

島は自然が多くて気持ちがいいです
釣りもトレッキングもできます
無人島でキャンプしたい方利用してみてはいかがしょうか?

おしまい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kirishimaru

宮崎県宮崎市出身。高校卒業後9年間東京に。銀座でアパレル店員→自衛官→バイク[VANVAN200]で日本一周→ニート兼ホームレス→農家バイトしながら月10万円で生活中。地元宮崎に帰省して1年。宮崎県との9年間の溝を一気に埋めるべく日々を過ごしています。ポケモンが好きです。セレビィ推し。

-県北, 門川町

© 2021 宮崎キャンプ場まとめ